Studio J

Tsukuba, Ibaraki, Japan
RSS icon Email icon Home icon
  • 笑う東北はNHKワールドで放送!

    2015年02月23日 Studio J No comments

    Studio JのJeffrey Jousanが作った映画「笑う東北」が2月24日の午後1:30時からNHK Worldで世界中に放送されます!ウェブでも見れます。http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/w/movie/ その後、6時間おきに放送します。日本時間は24日の13:30と19:30、そして、25日の1:30と7:30に放送されます。是非みてください。

    感謝の気持ちで精一杯!
    Joe Sacco, Ivan Kovac, Richard Kipnis, Tatsuko Okawara, Shin Okawara, Shiji Shibuya, Toshihiko Fujita, Kayomi Aihara, David Johannaber, Shigenori Mizuno Isao Kimura, Brandon Laureta, Satoshi Takanashi, Ryosuke Sakurai, Brian Parker, Marc Carpentier, Joseph Brandel, Tetsuro Shimizu, Naoyuki Takamura, Nikkori Sun Park, Aizawa Shoten, Oiwake Hot Spring, Gota Matsumura, Herbert Hunger, Rie Fukushima, Tomomi KItamura, Setsuko Abe, The grandmas of Nikkori Sun Park, Radio Ishinomaki, Ishinomaki2.0, The Awesome Souls of Tohoku living and dead and many many others!!!

  • Then and Nowをヴェネチア映画祭へ!

    2012年06月12日 Studio J No comments

    2011年3月11日の震災から、ちょうど8ヶ月後の11月11日、石巻の復興地を

    回り、数人をインタビューし、門脇町周辺の現状を撮影しました。皆の

    恐ろしい思い出、8ヶ月後の寂しさ、怒り、期待、悔しさ、そして,

    抑えられないたくましさ、人間らしさ、未来を構築する前向きな心を記憶しました。

    その映像を15分の映画にしました。映画を観てくれた人々のお陰で2百万円

    以上の寄付金と支援物資が東北に届いています。

    そしてその映画がYoutubeのYour Film Festivalのトップ50になりました!嬉しい!!!

    http://www.youtube.com/user/yourfilmfestival?x=player%2FiuAyksZnbDk__en_us

    これで被災者の話を聞ける人が更に増えます。今まで以上に効果があると幸いです。

    6月1日からYour Film Festivalのトップ10映画を選ぶ投票が始まります。この映画が

    トップ10に入るとヴェネチア映画祭に参加する事が出来ます。それで更に皆の話が

    世界中に広がります。是非投票してください!!出来る事なら何でもやりましょう。

    感動して!泣いて!立ちあがって行動しましょう。

    http://www.youtube.com/user/yourfilmfestival?x=player%2FiuAyksZnbDk__en_us

    我々の石巻と東北の友達の復興を応援しましょう!一日一回投票出来ますから毎日投票してください。

  • Heart & Soul チャリティーコンサート 11月24日、12月1日

    2011年11月23日 Studio J No comments

    11月24日と12月1日に、恵比寿のWhat The Dickensで東北再生支援の為に

    素晴らしい音楽とベリーダンサーのイベントがあります。

    Heart & Soul – チャリティーコンサートです!

    エスニックナイト 11月24日(木曜日) : Featuring Rain in Eden /

    The Annubhava Orchestra / Sag Chana / Rolling Hill /

    Bellydancers: Suiren, Nao, Lily

    時間: 7 PM

    場所: 恵比寿のWhat The Dickens http://www.whatthedickens.jp/

    チャージ: ¥2,000円

    ロックナイト12月1日(木曜日): Featuring The Eric Jacobsen Band /

    Samm Bennett / Squeaky Brakes / Pre-Emptive Peace

    時間: 7 PM

    場所: 恵比寿のWhat The Dickens http://www.whatthedickens.jp/

    チャージ: ¥2,000円

    この2回のコンサートの入場料を東北地方再生の為に寄付します。

    それぞれのバンドの演奏の合間に、Heart – Silk Road Relief for Japan vol 1

    とSoul – Silk Road Relief for Japan vol 2 二つのチャリティーアルバムの曲

    が流れます。この2枚のアルバムはシルクロードの素晴らしい

    ミュージシャンが曲を寄付したコンピレーションアルバムです。

    http://www.h-arts.net/silk-road-relief/でデジタルダウンロード販売しています。

    この売り上げも全額、東北に寄付します。

    コンサートの主催は

    The Human Arts Experience

    JAMBO

    RoseCGI

  • Sag Chana – Live From Studio J – 5月14日2011年 午後5時

    2011年05月12日 Studio J No comments

    今週の土曜日(5月14日)の午後5時にSag Chanaの生演奏をライブ配信でお送りします!時間がありましたら視てください。

    http://www.ustream.tv/user/StudioJTsukuba

    非常素晴らしいバンドです。Sag Chanaの曲、Silent Riverをこのページでダウンロードで来ます。

    http://www.studio-j.jp/free-music-downloads/

    My Spaceのページ

    http://www.myspace.com/sagchana

    iTunesでSag Chanaのアルバムを買えます。

    http://bit.ly/sagchana

  • SOURI ~シルクロードを巡る音楽と踊り~チャリティイベント

    2011年03月29日 Studio J No comments

    4月2日(土) at 東京ウィメンズプラザホール

    SOURI ~シルクロードを巡る音楽と踊り~チャリティイベント

    オープン 4:00PM スタート 4:30PM

    入場料:前売り 3,500円 当日 4,000円

    *子供料金(6~12才)は前売り¥2000/当日¥2500

    *未就学児無料。ただしお席が必要な場合はチケットをお買い求めください。

    チケット&お問い合わせ:

    イープラス

    Studio ritam  E-MAIL or 03-3408-0527

    さすらいイベンツ E-MAIL or 080-6689-9966

    Studio ritam & さすらいイベンツがお送りするイベントです。

    13+人もの豪華なパフォーマーがお届けする夢の様な一夜。

    モンゴル、キルギス、ウズベキスタン、イラン、クルド、トルコ、インド…

    様々な国の音楽や踊りが、おとぎ話に合わせて次々と登場します。

    ご家族でお楽しみ頂ける内容です。

    出演 (登場順)

    ・木島晃二 (トゥバ音楽)

    Yulduz(ウズベキスタン舞踊)

    箕輪一広 (ダラブッカ・レク・フレームドラム)

    久田祐三 (フレームドラム)

    ・めぐ美 (フルス・ウズベクタンブール・ダフ)

    ・Kelly Williams (アフガンルバーブ・ペルシャセタール・タンブール)

    MIHO (オリエンタルベリーダンス)

    ・Sana & Shyrien (ritam dancers)

    ・MADOKA (ペルシャルバーブ・ウード)

    立岩潤三(ダラブッカ・フレームドラム)

    ・ウメトバエワ・カリマン (キルギス音楽)

    前田あつこ(カタックダンス)

    紫織 (タブラ・フレームドラム)

    吉田こうき(シタール)

    ・Maysoon & Ayumi (ritam dancers)

  • 東日本大震災支援パーティーとインタネット配信

    2011年03月19日 Studio J No comments

    3月20日(日曜日)の午後1時から6時までStudio Jで地震/津波被災者支援パーティーとUstreamのインターネット配信を開催します。今まであった事と今起こっている事について語る事が出来る場があった方がいいと思いました。炭とお皿とコップとおはしを用意しますので、食べ物と好きな飲み物と任意の被災者への寄付金を持って来てください。(集まったお金を日本赤十字に振り込みます)庭は広いので子供も連れて来てください。楽器を弾く事出来れば持って来てください。

    パーティー中にライブ配信をします(午後の2時頃から)。皆は自分の地震経験を話したり、家族と友人へのメッセージを送ったりする事が出来ます。歌を歌ったり、詩を読んだり、自分のしたい事をすればOKです。パーティーに来れない方も配信したい話があれば、私にメールをしてください。配信中に読ませて頂きます。ビデオレッターも大歓迎です。jeffrey@studio-j.jp

    視聴者がクレジットカードかPaypalで寄付出来るホームページを用意します。

    配信はここで見れます。

    http://www.ustream.tv/channel/japan-earthquake-relief-tsukuba

    Studio Jは研究学園駅から1キロ以内です。路上駐車は出来ますが、節約の為、なるべく自転車と電車で来る様にしましょう。

    地図はこちらです。

    http://www.mapion.co.jp/m/36.0747986111111_140.091376666667_8/

    http://www.studio-j.jp

    不明な点または道に迷った場合には、私にメールしてください。

    jeffrey@studio-j.jp

    日曜日に会いましょう!

  • 東日本大震災の被災者へのプレゼント

    2011年03月17日 Studio J 2 comments

    この曲は友達の赤ちゃんを寝かせる為に作りましたが、今の被災中の日本の皆さんに静かになって、安心して、よくねむれる様に祈っています。一緒に安心してお互いを支援しながら新しい未来へ行きます。自由にダウンロードしたり、シェアしたり、してください。

    是非、赤十字などの被災者を支援している協会へ寄付してください。

    ねむれ (Nemure – A Japanese Lullaby) by Studio-J

  • [ビデオ] マイクロフォンプリアンプの比較テスト#2 – チェロ – 佐野 まゆみ

    2011年03月05日 Studio J No comments

    12月6日にPaul Johannessen一緒にStudio Jで第2回のマイクロフォンプリアンプの比較テストをしました。今回は佐野 まゆみさんのチェロでした。Pauly Jのオリジナル曲、”Maybe Sometimes“を弾きました。テストしたマイクプリアンプはChandler Limited TG2、  Chandler Limited GermaniumChameleon Labs 7602、  Focusrite Red 6、Grace Design 201Sound Devices MP-1TC Electronics Konnekt 24DYamaha 02Rのオンボードプリアンプでした。幅広い種類と価格帯のプリアンプでした。感想を是非聞かしてください。

    Mic Preamp Test 2: Cello from Paul Johannessen on Vimeo.

    下記のプレヤーでレコーディングしたファイルをWAVの24bit/96khzと16bit/44.1khzでダウンロード出来ます。自分のシステムで聞いて見てお好みのマイクプリアンプを選びください。感想を是非聞かしてください。

    Microphone Preamplifier Comparison Test #2 – Cello by Studio-J

    Pauly Jの”"Maybe Sometimes“”を聴きましょう!

    Maybe Sometimes by Pauly J

  • You’re There – iTunesに登場!

    2011年03月01日 Studio J No comments

    ジェフリーが大学時代の1985に”You’re There”を作りました。始まりのギターフレーズはが今のバージョンと同じ感じでしたが、サビは完全に違っていました。その当時のバンド、「Closing Time」ではエレキで演奏してました。7年前に、「Dr. J and the Elements」と練習している時に、突然新しいサビが出て来ました。日本語の歌詞が追加出来たのは2年前に、早坂とEast of Edenのセッションオープンマイクのコンビになった時に、早坂が一緒に歌える様に日本語の歌詞を書いてくれました。最初のレコディングは2009年の10月に、早坂と慎太郎とジェフリーでベーシックトラックを録りました。早坂はギターとボーカル、慎太郎はドラムとジェフリーはベースとボーカルでした。その後、ジェフリーがピアノ、アコギとストリングスを追加してからしばらくハードディスクで待ってました。2010年の12月にボーカルを録音し直してからアイアランドでMark Donaldsonが2本のエレキギターをレコーディングしてくれました。マークの遊び心のあるギターでやっと”You’re There”が完璧になりました。26年かかりましたが、完成しました。楽しんでください。

    下記のサンプルを聴いてください。CDBabyまたはiTunesで購入出来ます。
    http://www.cdbaby.com/cd/jeffreyjousan
    http://itunes.apple.com/jp/album/youre-there-single/id421055437

    You’re There Sample by Studio-J

  • オーディオ天使からの第二回目のプレゼント(Part 5)

    2011年02月15日 Studio J No comments

    今日はまたオーディオ天使から荷物が届きました。オーディオ専用のファイアワイヤケーブルでした。天使の初訪問の時覚えてますか?彼はMacからKonnect 24に繋がっている普通のファイアワイヤケーブルに特別の素材を巻きました。想像出来ないほど音が変わりました。その時、データーケーブルによって音が変わる事が良く分かりました。

    最初は、まだ記憶残っている昨晩録った曲に聴いて見ました。びっくりしました。急にすべてが広くなりました。ベールが抜けて、高音域の上限がなくなったと感じるほどでした。音は非常に自然で正確な感じでした。ファイアワイヤのケーブルと取り替えるだけでシステムがまたさらに良くなりました。

    その後、いつものプレーリストを聞いて見ました。曲全般の音がさらにクリアに聴こえたのですが、昨日の録音の様な極端な差は感じなかったです。自分の耳が良くなった音に慣れた可能性があります。と言っても、大きな音の変化がありました。曲がコンプレスされている感じが減りました。音のアタックが無理なく再生されている様に聴こえました。一番分かりやすかったのは女性のボーカルでした。ボーカリストの無理している歌い方がなくなり、声の音がスピーカーからスムーズに流れてきました。「なるほど、これがSarah McLachlanの本当の声だ!」奇麗!彼女の声がぽっかりとスピーカーの間に浮かんでいる様に聴こえました。ドラム、パーカーション、ギター、ベースなどの強い音がクリアで「コンプがかけてない」様な音でした。まるで誰かが、ステレオバスのコンプを外した様に聴こえました。

    比較する為に、古いほうのファイアワイヤケーブルでプレーリストを聴きました。30分前に、その魔法の白い素材に巻かれたケーブルが最強のファイアワイヤケーブルでしたが、印象が変わりました。大満足していた、クリアで広がり感のある音が、今度は暗くて、コンプレスされている様に聴こえました。その音が悪い訳ではなく、依然として非常にいい音でしたが、新しいファイアワイヤケーブルほど良くなかったです。

    ファイアワイヤケーブルが再生の音に影響があるなら、録音にも深い影響があると思いました。次はレコーディングを試しましょう。マイクとプリアンプは昨日の夜のレコーディングの時の設定と変わっていませんのでもう一回同じ曲をレコーディングしてみます。

    ギターとボーカルのLullabyeの歌をレコーディングしました自分の声は調子良くなかったのですが、ボーカルが非常にクリアでギターの弦の音がはっきりして、低音域が強すぎず、しっかりした音になりました。一般的に、音がクリアになったと言われると高音が強調されたと思いがちですが、今のクリアさは高音が増えたわけではなく、高音域にあったノイズと歪みがなくなり音が3次元的に再生出来たのです。

    最後のテストは両方のファイアワイヤのケーブルを通してSarah Mariaをレコーディングする事でした。最初は新しいケーブルで録ってから古いケーブルで録りました。古いケーブルで再生した時ははっきり違いが分かりました。新しいケーブルで録った音の密度が高く、非常にクリアに聴こえました。古いケーブルを通して聴いても違いが分かると言う事は一般のシステムでも違いが分かると思います。

    これでPart 5の記事になりますが、記事書く度に段々書きにくくなって来ています。今のところ個人的に、オーディオ天使のやっている事について気付いた事を書きたいと思います。すべての記事には「音が良くなった!」と書いてます。実は、毎回良くなっています。オーディオ天使が来る前は、Studio Jの音は素晴らしいと確信していました。本当に、音が良かったです。素晴らしいレコーディングもしたし、顧客は大満足でした。

    オーディオ天使に学んだ事、そして今でも教えてもらっている事は、音を良くする事が出来て、その良くなった音聴いてから、以前の音を聴くとあまり良く聴こえない事です。新しくてそして更にクリアになった音を聴いてから、今まで聴いて音の中で一番クリアな音を聞き直してみましたが、曇ってて歪みがある様に聴こえる事はとっても変な体験です。今やっと気付きましたが、オーディオ天使はスタジオのシステムをアップグレードをしているだけでなく私の耳をアップグレードしてくれています。

    新しい感覚に一歩でも踏み入れたら昔の感覚に戻る事が出来ません。オーディオ天使、本当にありがとう!