Tsukuba, Ibaraki, Japan
RSS icon Email icon Home icon
  • 比較テスト

    2010年10月6日にPaul JohannessenがStudio JにWine Talk #9配信に来ました。その日、彼が自分のレコーディングで使うために3台のマイクプリアンプを持ってきました。プリアンプを設置しながら我々がマイクプリアンプの比較テストをする事を決めました。12月5日と6日にOkayanのアコギと 佐野まゆみのチェロをレコーディングしました。カスタム仕様のTC Electronics Konnect 24Dに24bit/96khzでレコーディングしました。レコーディングしたオーディオファイルはSoundCloudから24bit/96khz と16bit/44.1khzの非圧縮WAVでダウンロード出来ます。(リンクは下にあります) レコーディングの演奏と感想のコメントのビデオも作成しました。

    テストしたマイクプリアンプはChandler Limited TG2、  Chandler Limited GermaniumとChameleon Labs 7602、  Focusrite Red 6、Grace Design 201、Sound Devices MP-1とTC Electronics Konnekt 24DYamaha 02Rのオンボードプリアンプでした。幅広い種類と価格帯のプリアンプでした。自分のシステムで聞いて見てお好みのマイクプリアンプを選びください。感想を是非聞かしてください。

    2月5日に第1回のマイクロフォンプリアンプの比較テストをしました。今回はOkayanがフィンガーピッキングスタイルギターで「虹のしずく」を演奏しました。

    Preamp tests – guitar from Paul Johannessen on Vimeo.

    下記のプレヤーでレコーディングしたファイルをWAVの24bit/96khzと16bit/44.1khzでダウンロード出来ます。

    Microphone Preamplifier Comparison Test #1 by Studio-J

    Okayanの「螺のしずく」をダウンロード出来ます。

    Mic Preamp Comparison Test 1 Final Mix 96-24 (Rainbow Dew) by Studio-J


    12月6日に第2回のマイクロフォンプリアンプの比較テストをしました。佐野 まゆみさんがPauly Jのオリジナル曲、”Maybe Sometimes“をチェロで演奏しました。

    Mic Preamp Test 2: Cello from Paul Johannessen on Vimeo.

    下記のプレヤーでレコーディングしたファイルをWAVの24bit/96khzと16bit/44.1khzでダウンロード出来ます。自分のシステムで聞いて見てお好みのマイクプリアンプを選びください。感想を是非聞かしてください。

    Microphone Preamplifier Comparison Test #2 – Cello by Studio-J

    Pauly Jの”Maybe Sometimes“を聴きましょう!

    Maybe Sometimes by Pauly J