Tsukuba, Ibaraki, Japan
RSS icon Email icon Home icon
  • 月が落ちた夜の海

    2009年05月01日 Studio J No comments

    月が落ちた夜の海 (Tsuki Ga Ochita Yoru No Umi)

    ©2008 Hirohito Unoki
    Performed by Hirohito Unoki


      

    
    
    宇野木洋人のブログ
    

    待ちを歩いた二人で歩いて
    見送るホームにベルが泣いている
    一人帰り道に君を思う度
    孤独に寂しさ感じるのはなぜだろう

    君に会いたい君に会って伝えたい
    燃えるようなこの胸のたかなりを
    包み隠さず打ち明けよ

    月が落ちた夜の海に
    昨日までの僕のすべてを
    沈めてしまおう

    やがて上る朝の光を浴びて
    君と二人、二人だけで明日旅に出かけよ

    恋をすれば恋をするほど
    胸が苦しく切なくなるけど
    人を愛すれば愛しつらぬくほど
    優しい気持ちなれるのはなぜだろう

    君に送るよ。僕のすべてを捧げるよう
    言葉知る溢れ出す情熱が
    まっすぐ君に届くといいな

    金色に輝く夕暮れの海で
    君の???を君の涙を拭いてあげるよ
    ゆっくりと歩く砂浜
    ゆっくりと沈む太陽

    君と僕の長い陰が鮮やかに伸びて行く

    君を愛している深く深く愛してる
    砕け値て???また落ち押せる波のように
    絶え間なく与え続ける

    稲妻に打たれても嵐に飲み込まれても
    僕は決して君の手話したりしないよ
    君の瞳に僕が写る
    狂おしくただ狂おしく君を愛している

    月が落ちた夜の海に
    昨日までの僕のすべてを
    沈めてしまおう
    君の瞳に僕が写る
    狂おしくただ狂おしく君を愛している

    いつまでもいつまでも君を愛している 

    Leave a reply